検索
  • 山口

治療例

最終更新: 6月24日

皆さん、こんにちは。

本日は治療例をお見せしまーす。


左が神経の治療後です。

下が樹脂を詰めた治療後です。


私は、極力金属を使用したくありません。

なぜならば、口腔内で金属は溶解して、成分が出ていく事があるからです。

なので、金属の詰め物や被せ物をするとその周りが黒ずんできた経験はありませんか?

口は唯一体の中と交通して内臓などへ様々なものを送ります。

そう考えると金属の成分を体に取り込んでいるなんて怖いですよね。

もちろん見た目も断然良いですし。

この写真は1色のみの樹脂(コンポジットレジン)で詰めました。

個人的に歯の溝の茶色みはない方が綺麗だと思っているので付けません。

希望があればできますよ。

さらに審美性を追求する場合には2、3色の樹脂(コンポジットレジン)を使います。

とても綺麗になりますよ!(2、3色使う場合には自費診療になります!)

このようにこれからは治療例を載せていきますね!

写真が見にくいので勉強します💦


それではまた。


院長 山口


28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

治療の仕方に関して

こんにちは!院長の山口です。 みなさま、体調管理大丈夫ですか? 長引くこの状況では本当に心身ともに疲れますよね。 本当に早くワクチンなどの効果も作用し元通りの日常が戻って欲しいです。 さて、歯科の治療と言うとやはり、”歯を削る”というのが結構強いイメージではないでしょうか? 可能な限り、歯を削るのを避けるべきということは周知の事にもなっていますよね。 なのでもしかするとかなりの人が本当はほんの少し